ゴルフのスコアを簡単に上げる

ゴルフのスコアを最も簡単に上げる方法

ゴルフは難しいスポーツです。

 

ゴルフで良いスコアを出すには、色々なことが上手く運ぶ必要があります。

 

例えば、、、

 

・ドライバーやボール、ウェアをきちんと選ぶ。
・ドライバー、アイアン、パター等々クラブの特性を掴みつかいこなす。
・天気や気候など自然環境に恵まれる。
・ホールごとの戦略をきちんと立てる。

 

等などです。

 

よって、良いスコアを出すには、それ相応の時間をかけた練習や努力が求められます。

 

でも、ちょっとスコアを良くするのであれば、あるものを少しだけ変えるだけでも結果がを出せる可能性があります。

 

ちょっとスコアをよくする為に変えるべきあるものとは??

 

ちょっとスコアをよくする為に変えるべきあるものとは??

 

それは、「考え方」です。

 

具体的には、最善の結果を狙うのではなく、最低限クリアしたいラインを決めて、それをクリアすることを狙うのです。

 

よく、スポーツの世界では、最善の結果を狙う、勝利した瞬間を思い描くというような、最もよくいったイメージを持つことの重要性が言われます。

 

それは、確かに重要だと思います。

 

ですが、実際のゴルフで結果の出るゲームプランは、最もよくいったケースを設定するのではなく、最低限をクリアするように設定したものです。

 

これは、心理学者でノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンがプロゴルファーの結果への動機と結果を評価した結果として出ています。

 

ダニエル・カーネマンがプロゴルファーのパットを距離は問わずバーディチャンスのときとパーセーブのときの結果を比較した結果、バーディよりもパーを狙ったときの結果が良かったというものです。

 

これは、人間は損失回避をする場合の方がより良い結果を出すという心理的要因があるからのようです。

 

つまり、「勝つ」よりも「負けない」ように考える方が、より慎重に確実に成果を出すように人間はプレーするようです。

 

このことは実生活でも経験することと思います。

 

実生活でも儲け話に乗るとき(例えばギャンブル)はあまり細かく確立を考ませんが、貯金を意識すると支出によりシビアになるのと同じことです。

 

いつも、「良い結果」を想定してプレーしているのになかなか結果が出ないという人は、「最低限クリアしたい目標」を定めてプレーする方が、よりシビアに状況を把握し周囲の情報を深く読み取るのでといつもより良い結果を出せる可能性があります。

 

これは、特に何の練習もなく、ただちょっとだけ考え方を変えるだけなので是非、一度試してみてください。